2016年3月23日水曜日

ウォンテッドリー株式会社 第5期決算公告

ウォンテッドリー株式会社 第5期決算公告
Wantedly 平成28年3月23日


資本金   :221,900千円
利益剰余金:△8,666千円
当期純利益:     457千円

はたらくを「面白く」のウォンテッドリー社当期 黒字


スポンサードリンク

ソーシャルを活用した採用広告やスタートアップの求人に元々強く特化しているWANTEDLY社の同名サービス。大きな強みはfacebookなどのSNSをどうやって採用に生かすか手探りだった時に大きくソーシャルを活用することでチカラのあるエンジニアや若手が採用できるよっていうのを教えてくれたのが同サイトでした。

各募集要項に応援ボタンを設置したり、さらにはシェアボタンを配置したりとと、より自然とソーシャルメディア上で拡散される導線を作っています。
造りも秀逸でしたよね。拡散しやすい

2011年~2012年エンジニアの多くは横のつながりや転職情報などをfacebookで共有していました。今もしていると思いますが当時ってソーシャルとのつながりがまだ薄かったんですよね。
findjobに頼ったりとか、なかなかベンチャー向けやスタートアップ向けの就職や転職、キャリアアップに特化したものがなかったような記憶があります。

facebook との連携で採用情報が閲覧できるWANTEDLY社はそれこそfacebookを通じて急速に広まったと思います。
ウォンテドリー社の強みとは
強みは価格帯の安さと質の担保
 通常、人材紹介サービスは年収に対して数パーセントの手数料が必要になるが、ウォンテッドリーは月額3万5000円のシステム利用料しかかからない。別の企業は「リクナビさんに広告を出したときは、1ヵ月で180万円もした」とこぼしていた。

元々ソーシャルの強みとIT陣への取り組みのしやすさ、リアルウォンテッドリーを開催するなどのリアル層の取り込みによってウォンテッドリー側からのアプローチは少なくとも就職・転職ができることを証明してしまったのです。

スポンサードリンク

3 件のコメント:

  1. あなたもウォンテッド2016年3月23日 21:53

    ウォンテッドリーのビジネスモデルって広告課金ですか?

    返信削除
  2. ウォンテッド2016年3月24日 8:56

    登録法人による月額課金でしょうね。
    他の求人媒体に比べても格段に安くて効果が高いのが特徴

    返信削除
  3. また資本準備金を減少させるようなので、累損も解消するでしょう。

    返信削除